物件売却では複数サイトの判定価格を比較

男女

昔から不動産取引では買主から売主へ多額のお金が移動するケースが多く、素人にはそうした取引をする機会がめったにあるわけでありません。しかも、取引実績が所有物件周辺で少ない土地柄だと相場観を掴もうとするとその地域の不動産会社を見つけることが先決になったはずです。ところが、素人には遠く離れた地域の不動産会社を見つけても信頼できる会社か否か、見当がつかなかったはずです。やむを得ず、地元不動産仲介業者の店舗へ行って遠く離れた所有物件の相場状況を聞き出すケースが多かったはずです。この程度の情報やデータだけでは査定価格が妥当か否か、素人には安心できる状態ではなかったわけです。このため、一昔前までは不動産取引で色々とトラブルが起こってしまったわけです。

各社の目指す営業方針を把握して判定依頼

ところが、最近はネット上に掲載されている不動産各社の無料査定サイトを利用することが多くなっているはずです。短時間のうちに各社の情報を一括して把握できることは便利そのものだからです。そこで、この各社の一括査定サービスなどを利用して所有物件の相場を把握するのが手っ取り早い方法として人気が出ています。ネット上で関連サイトに所有物件に関する情報を入力すると、登録している不動産会社ごとに少しずつ異なる査定価格が表示され、相場を知ることができる仕組みになっているわけです。机上査定で提示された相場が気に入った人の中には更に訪問して判定するよう依頼する人も出てくるわけです。

信頼できそうな業者に訪問判定の依頼

但し、不動産会社には全国展開営業や地域特化型営業の違いなど、各社の目指す経営方針に違いがあります。そこで、ネット上で各社のサイトをいくつか開けて比較、吟味してから次の行動を起こした方が無難なようだといわれています。不動産各社は該当する物件の周辺地域における自社の取引実績を参考にして売り出し価格を提示しているため自ずと各社ごとにばらつきが生じるのは当然でしょう。また、不動産会社によっては自社で仲介実績を増やしたい思惑を持っていて、意識的に高い査定価格を提示することもあるようです。従って、対象物件の周辺地域における相場を把握するには対応の良い不動産会社に査定額の根拠を更に詳しく説明してもらってから相場観を掴むくらいの慎重さが必要のようです。このような道筋をへて業者を絞り込み、信頼できそうな業者に訪問査定を依頼すると良いようです。訪問査定で業者は建物の間取りや使用状態など、敷地であれば境界周囲の建物の立地状態や道路との接続状況など、詳細に確認し、精度を上げて査定価格を提示してくれるわけです。

広告募集中